工藤 直

工藤 直
女子美術大学 デザイン・工芸学科 工芸専攻 教授
 
プロフィール
専門はガラス, 吹きガラスを中心にサンドブラスト技法や鋳造法を複合させたガラス作品を制作。個展「Glass Nao」を中心に作品を発表しています。
立命館大学文学部卒業、東京ガラス工芸研究所研究科修了後、女子美術大学非常勤講師、助教授を経て現職。
Japan Glass Art Society 会員・事務局長。
研究部門
♯4染織文化資源のひとつであるサブミクロン・ナノ粒子による応用創作研究
本学日本画研究室で長年に渡り、開発研究されてきた未だ製品化に至っていない超微粉天然物岩絵の具〈1000分の1mm以下の粒子のサブミクロン粒子・ナノ粒子〉色材を用いて、ガラスの顔料としての展開の可能性について応用創作研究に取り組んでいます。
富士山、アズライトの顔料によるガラス作品
富士山、アズライトの顔料によるガラス作品
吹きガラス
吹きガラス
染織文化資源保存修復部門
染織文化資源研究部門